2/01/2018

Paternity Leave

娘との楽しかった休暇もそろそろ終わりそうになってきた。二人目の娘、Harunaが生まれるということで、昨年のクリスマスが終わるころから休みがスタート。実際、Harunaには、まだ父がしてあげられることは少なく、Sakurakoとの休暇だったような気がする。

休みのスタートでSakurakoは風邪を引き、病院へ連れて行った。熱が出てしんどそうなのを見て、大いに心配した。幸いにもインフルエンザではなく、数日で落ち着いたが、恐る恐るの年末突入だった。

年末・年始は、これといってスペシャルではなかったが、それでも、幼稚園の年始の餅つきに備えて餅を食べる練習をしたり、近所の神社に初詣に行ったりと、よき2018年のスタートとなった。

年始は、Harunaがいつ生まれるのかワクワク状態のまま、Sakurakoの幼稚園の送り迎え担当をした。多くの親切なお母様方にも声をかけていただいて、毎日の状況を伝えるのが日課のような日々で、あらためて、良い環境の幼稚園に通わせられていることをうれしく思った。

そして、Harunaが生まれる日。Marinaが朝6:30ごろ支度をして病院に行った。10:30ごろには無事に生まれたメールをもらい、幼稚園が終わったSakurakoを連れて見舞いに行った。Sakurakoが生まれた産科病棟に、約4年ぶりに娘と二人来るとは不思議な感覚だった。Sakurakoが生まれた時、うれしくて仕事帰りにこの廊下を歩いて、毎日部屋へ訪問したのが懐かしくなった。

そのあと1週間は、Sakurakoとの二人暮らし。弁当を作って幼稚園にいって(実際は幼稚園が休園になって、弁当作りは1日だけだった)、迎えにいって、おやつを食べて、病院に行くと1日があっという間であった。

そしてMarina, Harunaの退院。初めての家族四人の暮らしを楽しみ中である。


この一連の出来事に備えて、しっかりと1ヶ月の休みをとった。父親がこうして1ヶ月の休みをとることはめずらしいかもしれないけれど、私にとっては、かけがえのない時間となった。生活のために働くということは非常に大事なことである一方で、自分の家族が、寂しい思いをせず、笑顔で1日にあったことを話す時間をもてるということは、とても貴重なことだと考える。
父と手をつないで家と幼稚園を往復したことが、Sakurakoにとって何かの思い出になるならば、そして、家族という形容することが難しいもののイメージを、心の中に持てたならば、よい1ヶ月だったといえるのではと確信している。

11/09/2017

保護者会で休暇

昨日は幼稚園の保護者会で、仕事をお休みしてSakurakoと過ごした。

午前のみの幼稚園ということで、朝の送りをして、家で雑用を片付けて、昼前には迎えに行った。午後からはMarinaが保護者会に出かけていったので、Sakurakoの髪を切るのに付き添った。
以前はおとなしく座ってられるかハラハラしたものだが、さすがに落ち着いてきて、ぐっと楽になった。Sakurakoは話しをすることが楽しいのか、終始、美容師さんと談笑をしていた。

夜はSakurakoが寝たあと、仕事を休んだので早めに自由時間になり、うまくいっていなかった実験をじっくりできた。DockerからRedashを起動して、MySQLに接続して、クエリーを発行するというもの。Dockerに不慣れだったので、色々実験をしていたら、平日の仕事の後ではあまり進んでいなかった。昨日はある程度集中できたので、だいぶ感じがつかめてきた。あとは実際の日常のリアルケースの中から、慣れていきたいところ。

ということで、たまに休むのはありだなと。早急にやらなくてもよいが好奇心を駆り立てられるものは、ついつい日常業務優先で後回しになりがち。しかし、娘の成長をみたり、自分の興味分野というのは、強制的に時間をつくることも必要かなと考えたり。

11/02/2017

11月の始まり

昨日は中国からのお客さんで、久しぶりに終電帰り。今朝はやや遅めの出勤をしている。中国語の単語レベル意思疎通を試みると、やっぱり面白い。海外出張を自粛中なので、いい気分転換になった。

都内では幼稚園の入園試験とその結果発表みたいな時期だ。Sakurakoも本日はお休み。Marinaと話していて、一年は早いねという話しになった。

一年前、入園試験に連れていって、まだ親と離れるのになれていないSakurakoは泣いていて、ハラハラしながら結果を待った。Marinaは、幼稚園の近くまで抱っこ紐でつれていって、合格通知をもらったと言っていた。そんなに長い距離、当時は歩けなかった。そして、それでもいつもと違う環境に疲れたのか寝てしまったので、スターバックスで書類を書いて、その日の午後に入園手続きをしたようだった。

月日の流れは早く、思い返してみるとあっという間。ならば、一日一日を全力ですごさないとなと、改めて思った、朝の通勤電車である。

10/18/2017

ハッカソン

平日の時間をやりくりして、2日間のハッカソンに参加した。
Microsoft Azureを利用したハッカソンで、チームはEmotional APIを使ったサービスにチャレンジした。ソフト系が少ない集まりだったので、幸か不幸か我がチームでは私がコードをメインで書くこととなった。
作業時間が少なかったので、PythonからRESTを利用する方針で、UIまわりは後回しにしてどんどん作る作戦でやった。日常業務を離れて無心にコードを書くというのは、とても刺激的だったし、楽しい時間であった。
デモの説明も担当をして、面白いといってくれる人もいたので、やる気もでた。

一方で、パッケージ作りやSlackでの情報やりとりが雑になっていたので、この辺が今後の課題になるところ。

このハッカソンの準備のために、少しずつ準備・勉強していたことがとてもやくにたった。日常の中でこういう時間を作るのは大変なんだけど、本番に向けた筋トレみたいなものなので、今後も続けていこうと改めて思った。

10/14/2017

七五三詣

明治神宮で七五三詣をしてきた。
明治神宮の心地よい参道を、着物を着たSakurakoを連れて歩くのは、なんとも晴れやかな気持ちになれた。

3歳のここに来るまでの間に、すでにある家族の歴史を思いながら、これからも頑張らなければと思った。
歩き疲れたSakurakoを抱っこして戻りながら、いつまでこうして抱っこをして歩けるのかと、これまでの成長と、これからの成長を思わずにはいられない。

遠足

昨日はお休みを頂いて、Sakurakoの遠足に行って来た。
幼稚園の遠足に夫婦で参加するのは少しやりすぎな感じもあったのだが、人生でそんなにない経験だと思い、思い切って行ってみた。自分の娘にやってあげたいことをするのに、きっと遠慮する必要はないんだと思う。

実際、お父さんの参加は一人だったらどうしようかと少し心配していたが、そんなことはなくて、年長から年少までで25名はいた。しかも、この25名は3グループに分けられ、年少さんのお供をするという役まで頂いた。

もちろんSakurakoのクラスのお世話担当になり、娘とその友達がどんなふうに接しているのかを観察しながら、他の子供たちともたくさんお話しができた。度々送り迎えをしているおかげで、知っている子も多く、「Sakurakoちゃんのお父さん」と声をかけてもらえた。

幼稚園の遠足に来た私のことを、Sakurakoはどう思い出すのかと思うと、楽しくもある。

10/10/2017

運動会

週末はSakurakoの運動会へ、家族で出かけた。とても暑い日だったが、非常に楽しめた。
参加種目は、徒競走、箱を引っ張って走る競争、ダンス、親子で体操など。お弁当は運動場の隅で、シートをひいて家族で食べることができた。

驚いたのは、とてもよく動けるようになっていたということ。そしてみんなと行動できるようになっているということ。この日はとても暑かったので、みんなで行動できるか心配をしたが、ちゃんと行進したりする姿がみられた。

先生方の、子供を気にかけている姿も近くでみられてよかった。日頃の言葉遣いや振る舞いが丁寧にできている様子をみて、幼稚園での生活が、このように手厚く育ててもらっていることがよくわかった。