9/11/2017

七五三の打ち合わせ

週末は、Sakurakoの七五三の打ち合わせに明治神宮へ。
着物を着た娘を見て、娘よりも、自分自身によくやったという満足感を得た。3歳といえど、平坦とはいえず、父として悩んだり、喜んだりしたことが、こんなにも愛おしいのかと、自分の感情ながら驚いた。



こういうイベントは、極力やらなくてもいいという家庭で育ち、自分の価値観のなかには、まつりごとをする機能がなかったんだけど、こういう場に引っ張り出してくれる家族に感謝している。

9/07/2017

考えたこと

やらせることを増やしたがる勢力が、ある一定数、存在する。
私自身は、リスクをよく検討して、シンプルであることが重要だと思うのだけど、他人のリソースは無限大だと想定して物事を進めている人たちだ。

生き方はそれぞれで、それが悪いとは思わないが、どうも好きではない。自分に降りかかれば、大変気持ちのよくない感情になる。

そして自分の気づきとしては、そういう勢力があるという人生にありふれたリスクを適切にアセスメントし、シンプルな解を探さないといけないということ。

8/30/2017

そろそろ8月も終わりですが

嬉しい悲鳴であるが、時間が足りなく感じている。人が1日にできることがこんなに限られているのかという感覚になっている。
かといって、極端に早朝に前倒しするのも、夜遅くに後ろ倒しするのもよいとは思えない。

自分のoutputはこの辺でと全力をつくしつつ、効率化や能力アップの機会を持つことが大事なんだろうなと。


先日は無事に誕生日を迎えることができた。家族で祝う誕生日はこんなにも嬉しいものなのかと。人があらゆる面(会社人、家庭人、エンジニア・・・)をもっていることを受け止めながら、自分が今、なにをすべきかを、考えながらすごさないといけないと思っている。

8/25/2017

チームメンバーと食事会

新しいチームメンバーの皆さんと食事会をした。
生活のスタイルが変わることは、自分のなかに大きな刺激となって心地よい。

日頃話す機会がなかった人と話しをしてみると、その人のバックグランドや、暮らし方や、余暇の過ごし方や、仕事のやり方が、その人を作っていることをよく感じ取れる。改めて、自分が何を学んで、どうプライベートライフを作り、仕事をするかを考えないといけないと思った。

さて、今日は金曜日。週末を思ってワクワクしていたなということを思い出して、1日を始めることにする。

8/14/2017

山の日

娘と山の日を含む三連休をエンジョイした。
トミカのイベント、しながわ水族館、八景島シーパラダイスと連日の外出。Sakurakoは、展示されているものを見るというよりは、感想をお話しするのが好きな様子。すっかり上手にしゃべることができるようになって、意思の疎通が楽になってきた。
父と話す時間をあまり持たなかった自分にとって、モデルなき父親ロールであるが、きっと今は話相手になることがよい刺激になると感じて、続けていきたいと思っている。

といいつつ、本日はお盆にもかかわらず、お仕事。毎年恒例。
人が休んでいるときに働いて、人が働いている時には休みたい私としては、それが選べる自由があることがとてもよい。

8/07/2017

アメリカ留学12周年

毎年、思い出す日がやってきた。8月6日は、アメリカ留学に旅立った日だ。
いつもこの日を迎えると、チャレンジを常にしているか、毎日何かをつかみとっているか、自分の中で改めて考える。

最大の成果を上げたとは思っていないが、毎日学んで、考えた日々は、確実に自分の中にあって、あのアメリカ留学がなかったら、いまの自分はいないのではと評価している。
昨日も知人の会話のなかから、どのように社会に出た人たちが学んでいくのかというテーマを聞き、好奇心を維持し、時には自らが好奇心を喚起するように、自分自身を巻き込んでいくということが重要だと、個人的には思った。

今の私にはアメリカ暮らしという刺激はないにせよ、自分の周りには、興味のあることにアドレスできる十分なリソースがある。毎日のどうしてもやらなければならないことの中から面白さを探すと同時に、残りの時間を、興味のある分野へと効率的に振り分けていきたいと感じている。

8/03/2017

8月のスタート

8月から仕事上の新しいチャレンジをもらうこととなった。
一つのことをじっくりやるよりは、新しい課題に取り組むことが好きな私にとって、うれしいスタートとなっている。

8月の新しいスタートというと、アメリカの留学生活を思い出し、昔の日記をちょっと見てみた。あの時の強烈なワクワク感を思い出して、改めて、新しいことを学ぶことの楽しさがよみがえってきた。

取り巻く環境は変化するが、常に、何か学べることを見つけていくことの喜びを感じている。